ドラマのフリーランスの悩み解決のヒント

働くことには、何かと多くの課題に直面することが多い。
仕事上の問題やあるいは人間関係など、多くの悩ましい事柄がある。フリーランスにとっても、その働き方特有の問題に直面することは多い。独立して一人で仕事をこなしている場合には、自らの力で悩みを解決していく必要が出てくる。そのような時、問題解決につながるものであれば、何でも活用することが大切である。

例えば、フリーランスとして働いている人を取り上げた映画やテレビなどのドラマでもいい。ドラマのフィクション作品では、主人公が悩みに直面して、それを解決に導く過程が描かれる。そこには、現実としてフリーとして働いている人が、問題解決に向けてきっかけになる何らかのヒントも見つかるはずである。ドラマはフィクションであって実際に存在する出来事ではない。

しかし、たとえフィクション作品ではあっても、その根底は確かに現実世界を下地としている。監督や脚本家はフリーランスに対して入念な取材などを行った上で作品を制作している。ドラマでフリーで働いている登場人物が問題解決に至った経緯は、監督や脚本家が取材の末に導き出した悩みに対する答えと捉えることもできる。確かに、フィクションの世界と現実とは大きく異なるため、同じような解決方法が都合のいいように当てはまるとは限らない。しかし、全く的外れということでもなく、現実世界でも何らかの形で問題解決に役立つ可能性はある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です