フリーランスの典型的な悩みと解決の方向性

フリーランスをしていく上で大きな悩みとなるのはその仕事を続けて将来的にずっと収入を獲得していくことができるかどうかという点である。特に事業内容として技術等を利用している場合においては、その向上を図らなければならないということがあるものの、時代の変遷によって自分のいるフィールドが廃れてしまうという可能性は否定することができない。そのため、休日を使ってスキル獲得等を通して自己研鑽を行って否かなければならないという面が必ずある。しかし、そういった努力が目に見えて仕事に役立つことも少なく、本当に自分が今行っていることがフリーランスをしていく上で意味があるのかと悩んでしまうことも多々あるのだ。

こういった悩みを払拭するための別の休日の過ごし方として、同業者との交流を図るという傾向も生まれてきている。エンジニアならフリーエンジニア同士、作家であれば作家同士のコミュニティーに属して、定期的に交流を行う会を開く動きがあるのだ。こういった会に休日を利用して参加することによって、これまでに将来のために試みてきたことやその成果について情報交換を行ったり、今後の自分たちのいる業界の展望について語らうことによって将来の方向性を定めていくことができるようになると期待しているのである。こういった試みがフリーランスを行う人たちの将来展望を考える場として広まり、その悩みを解決する手段として注目されてきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です