フリーランスのエンジニアと将来設計の悩み

フリーランスをするIT業界のエンジニアにとっては将来の悩みがつきないことが多い。エンジニアとしての寿命は35歳と言われることが多く、フリーランスをして働いていても仕事の獲得が比較的容易なのはそういった年齢までだからである。そのため、将来的には転職をして安定した仕事に就かなければならないというのが一般的であり、どういった先に転職するかということを常日頃から悩まなければならない。そして、歩む道を決めたら休日を利用して必要なスキルアップを行ったり、情報収集を行ったりするのが一般的である。

そういった段階に至るまでにはフリーエンジニアとして仕事を請け負い、遂行していくことに精一杯であるということが多い。そのため、休日は実際に現在に行っている仕事のために必要な勉強や情報収集に費やさざるを得ない。そうして数年間働いていると仕事自体は軌道に乗るようになるため、将来設計を行わなければならないという悩みが浮上してくるようになるのである。将来設計ができて必要なスキルを身につけることができればそれで余暇を楽しみながら、残りのフリーエンジニアライフを楽しんでいくことができるようになる。

一方、将来設計の行い方によっては将来のためのスキルアップとフリーエンジニアとして働くために必要な勉強とを一致させることもできる。そのため、初期から将来設計を行ってこれらを関連づけていくことで休日の余暇を増やしていくことも可能である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です